中央銀行と戦争の奇妙な一致?



001年 中央銀行のない国   2013年 中央銀行のない国

    キューバ           キューバ
    北朝鮮            北朝鮮
    アフガニスタン        
    イラク            
    イラン            イラン
    シリア            シリア
    スーダン           スーダン
    リビア            
    パキスタン          



この事実には、いくつかの共通点が存在する。

そのひとつは、2001年-2013年の間に中央銀行が設立された国は、いずれも戦争、内戦を行っていること。
アフガニスタンは2001年911事件から米英を中心とする西側同盟国と紛争に突入、新政府が樹立され2002年に中央銀行設立。イラク、リビアも同様に、戦争、内戦によって旧政権(フセイン、カダフィ)は打倒され、前後して中央銀行制度が成立している。

もうひとつは、中央銀行のない国は、米国に敵視される傾向にあること。
1997年クリントン政権のオルブライト国務長官が議会演説で「ならず者国家」と呼んで非難した国々は、キューバ、北朝鮮、アフガニスタン、イラク、イラン、シリア、スーダン、リビア、パキスタン。奇しくも政府が中央銀行制度を許可していなかった国と一致している。
また2013年時点で米国務省がテロ支援国家と指定していたのは、キューバ、イラン、シリア、スーダンの4か国。(北朝鮮もかつて指定されていたが2008年に解除)(キューバに関しては国交正常化の一環として見直しを行っている)


大田 遼  (43) (東京都 - 目黒区 )2015/03/10 21:04


                                     事実報道サイトより

自己紹介

自分の写真

ア〜ベマフィ〜ア ♪(▼ω▼)♭  中央銀行詐欺システムを最初に考えたグループ、すなわち『四つの信用創造特権』を独占している1%の支配層『国際金融資本家=銀行権力=戦争マフィア』こそが人類共通の本当の敵である。

彼らは中央銀行、マスメディア、政府、教育機関、軍産複合体、選挙システムを制御し我々を植民地奴隷支配。

『四つの信用創造特権』を独占するものがその国の全権力を支配する!

『四つの信用創造特権』とは何か?

1. 中央銀行が独占する「通貨発行権」

2. 政府が独占する「国債発行権」

3.民間銀行が独占する「無からお金を作り出す壮大な詐欺システム=準備預金制度」

4. 銀行と大企業と金持が永遠に肥え太る「カネがカネを生むシステム=金利」

『四つの信用創造特権』を取り戻し、記名投票を実施。インターネットで我々自身が集合知メディアになる→解決

◆気になったブログ・ツイート・動画の拡散屋をやってます。

◆FBノート http://bit.ly/2bGpldn 

◆ブログ http://pocopocohead.blogspot.jp

◆ふぁぼ jazz SNS 将棋

◆ツイッター名 がおがお(°□°;) @通貨発行権奪還!!はアカウント凍結。 新キャラ しゅんたろうZ@敵は銀行にあり @pencil0521

◆右翼も左翼も陰謀論者もゆる~い相互フォロー・友達歓迎!! ただし、偽装愛国者を除く!

ブログ アーカイブ