「薩長史観」と「GHQ史観」 ネット右翼が保守、日本回帰を語る時、なぜ違和感があるのか?


タイトルにあることがらが長い間、疑問であったが、あるブログを読んで、謎が解けた気がする。(私見の後にブログリンクを紹介。) まず、時代の特徴は以下。 ☆ 江戸時代(和の時代)、天下泰平の時代。 ☆ 明治時代(西洋かぶれの時代)、戦争に明け暮れた時代。  =【薩長史観】 江戸時代は暗黒の時代で、明治維新によってすべてが良くなった。 (中身は植民地支配者のマネ) ☆ WWⅡ・戦後(アメリカかぶれの時代)、ステルス植民地支配の時代  =【GHQ史観】 戦前は暗黒の時代で、日本の敗戦によってすべてが良くなった。 (中身はアメリカのマネ) ♧ ♡ ♤ ♢ 上を踏まえて、ネット右翼が保守、日本回帰を語る時、なぜ違和感があるのか? ネット右翼の言説が矛盾に満ちている原因は、ネット右翼がGHQの戦後占領政策を批判する時、「日本らしさ(和)に回帰せよ!」と大げさに語っているのにもかかわらず、GHQ以前に回帰せよ!まではいいのだが、帰るべき過去の着地地点を間違えて、「(和ではない)明治」に回帰してしまっていることが原因だと思う。 ネット右翼が占領政策の亡霊に嫌気がさすのは理解できるのだが、戻るべき過去の着地地点がすでに、列強の植民地主義を模倣している時代に戻ってしまっている、という誤りを犯している。 いやもっと進んで、植民地支配者(1%通貨発行詐欺団 ≒ 銀行マフィア ≒ 戦争マフィア)によるステルス経済植民地支配システムにより政府が乗っ取られた時代=『明治』である為、どこまで行っても、そこは『和』ではないからだと思う。 ♧ ♡ ♤ ♢ そうなってしまう原因は、下のブログのリンク先『なぜ江戸時代の書を読むべきなのか』にあるように、 明治及び戦後の教育、マスコミの偏向により、 『薩長史観 と GHQ史観』  に日本人、皆がマインド・コントロールされていることによると思われる。 「今日のほとんどの歴史書はこの二つの史観に基づいて書かれているので、 どんなに歴史を勉強してもこれらの史観から逃れることはできません。」(ブログより) ということに起因すると考えられる。 ♧ ♡ ♤ ♢ マインド・コントロールが始まった原因はGHQによる『焚書坑儒』で、日本の正しい歴史書は、没収され、正しい主張をするまともな人間は『公職追放』で職を解かれた過去の存在が大きいと思う。 ♧ ♡ ♤ ♢ さらに、ブログ主は「なぜ江戸時代の書を読むべき」と訴えているのだが、致命的な問題はネトウヨ君たちは、長い文章を読みこなす読解力さえ、GHQにより奪われてしまっているのではないか?と思われるのだが。。。


ブログへのリンク 


※ 通貨発行詐欺マフィアについては、コチラ ☞ おカネの秘密





おわり
























自己紹介

自分の写真

  • ア〜ベマフィ〜ア♪(▼ω▼)♭

    『無からおカネを生み出す通貨発行権』を持つ寡頭勢力 ≒ 金融資本マフィア ≒ 戦争屋ファシスト ≒ 植民地支配層 ≒ 1% こそ、諸悪の根源。

    彼らは中央銀行、マスコミ、政府、教育、軍産複合体を制御し我々を植民地奴隷支配。

    通貨発行権を取り戻し、記名投票を実施。インターネットで我々自身が集合知メディアになる→解決

    ◆気になったブログ・ツイート・動画の拡散屋をやってます。◆ふぁぼ jazz SNS 将棋 ◆ノート http://bit.ly/2bGpldn ◆ツイッター名 川上直樹(°□°;)@ムサシ不正選挙糾弾 @gaogao_o  ◆FB名 川上直樹◆右翼も左翼も陰謀論者もゆる~い相互フォロー歓迎!!

ブログ アーカイブ