人間が見る「環世界」とマダニが見る「環世界」は全く違う世界










「事実」というものが何か絶対的に頑として存在する固形物の様なものだと思われている方がおられるが、「事実」というのもひとつの 「環世界」の中のひとつの「ことがら」にすぎず、100人、ヒトがいれば100通りの 「環世界」 が存在し100種類の「事実」があるということは記憶に留めておいていいと思います。

すなわち、マダニにはマダニにしか見えていない「環世界」があり、売国奴安倍晋三には売国奴安倍晋三しか見えない「環世界」がある。安倍信者Aさんには安倍信者Aさんしか見えない「環世界」がある。

しかも、安倍信者Aさんと安倍信者Bさん。アンチ安倍信者Cさんとアンチ安倍信者Dさん。それぞれ違う 「環世界」に生きている。 

おそらく人間はその共通部分を数学的に抽象化し、その抽象化した部分をもって、「事実」と呼んでいるのだと思いますが、問題はその「事実」なるものが、存在するという話は極めて危うい土台に乗っかった危うい話ではないかということです。  

それを具体的に表す現象として、以下の記事にあるように、それぞれ人間の脳が持つ記憶というものも絶対的に頑として存在する固形物の様なものではなく、 非常に曖昧模糊とした不確実なホログラフィーのようなものだということも理解しておく必要があると思います。

 














自己紹介

自分の写真

ア〜ベマフィ〜ア ♪(▼ω▼)♭  中央銀行詐欺システムを最初に考えたグループ、すなわち『四つの信用創造特権』を独占している1%の支配層『国際金融資本家=銀行権力=戦争マフィア』こそが人類共通の本当の敵である。

彼らは中央銀行、マスメディア、政府、教育機関、軍産複合体、選挙システムを制御し我々を植民地奴隷支配。

『四つの信用創造特権』を独占するものがその国の全権力を支配する!

『四つの信用創造特権』とは何か?

1. 中央銀行が独占する「通貨発行権」

2. 政府が独占する「国債発行権」

3.民間銀行が独占する「無からお金を作り出す壮大な詐欺システム=準備預金制度」

4. 銀行と大企業と金持が永遠に肥え太る「カネがカネを生むシステム=金利」

『四つの信用創造特権』を取り戻し、記名投票を実施。インターネットで我々自身が集合知メディアになる→解決

◆気になったブログ・ツイート・動画の拡散屋をやってます。

◆FBノート http://bit.ly/2bGpldn 

◆ブログ http://pocopocohead.blogspot.jp

◆ふぁぼ jazz SNS 将棋

◆ツイッター名 がおがお(°□°;) @通貨発行権奪還!!はアカウント凍結。 新キャラ しゅんたろうZ@敵は銀行にあり @pencil0521

◆右翼も左翼も陰謀論者もゆる~い相互フォロー・友達歓迎!! ただし、偽装愛国者を除く!

ブログ アーカイブ